Company

沿革

 

私たち双葉メンテナンス工業株式会社はビルメンテナンス業界の発展とともに歩んできました。

 

昭和34年12月 創立 双葉ビルクリーナー株式会社として発足。
昭和39年2月 京都ビルメンテナンス協会、設立と同時に加入。
昭和41年1月 (社団法人)全国ビルメンテナンス協会、設立と同時に加入。
昭和45年4月 [建築物における衛生的環境の確保に関する法律](通称ビル管理法)が制定され特定建築物にはビル管理士の選任が義務づけられる。
[建築物環境衛生管理技術者](通称ビル管理士)が厚生省の管轄のもとに国家資格となり、誕生する。
同時に取締役以下数名が資格を取得する。
昭和45年8月 本社社屋を購入。京都市下京区七条御所ノ内南町11番地に移転する。
昭和45年10月 (社団法人)関西環境開発センター設立と同時に加入。
昭和46年1月 京都ビルメンテナンス協同組合設立認可と同時に加入。
昭和50年7月 社名を変更し、 双葉メンテナンス工業株式会社とする。
昭和52年6月 滋賀双葉ビル整備株式会社 設立。(滋賀地区を分離独立させる)
昭和54年4月 労働省令にてビルクリーニング技能士が発足。国家資格となる。制度発足と同時に取締役以下数名が資格を取得する。
昭和55年5月 ビル管理法が改正され6業種に事業登録制度が発足する。(知事登録制度)
1号:建築物清掃
2号:空気環境測定
3号:飲料水水質検査
4号:飲料水貯水槽清掃
5号:防虫・防除
6号:環境衛生一般管理
改正と同時に4号、6号(建築物清掃空気環境測定、総合管理)を取得し登録する。
昭和58年1月 警備業法が改正施行される。
事業者の届出制度から公安委員会の認定制度となり警備員指導教育責任者の資格制度が発足。改正と同時に認定を受ける。
昭和63年11月 労働省認可による労働者派遣業法が制定される。施行と同時に一般労働者派遣業の許可を受ける。
平成4年4月 医療法が改正され病院清掃の委託基準が制定される。
平成6年10月 改正医療法のもとに医療関連サービスマークの認定を受ける。(財団法人 医療関連サービス振興会)
平成7年2月 本社社屋を新築。京都市下京区七条御所ノ内本町6番地2に移転。3階に研修センターを設置。
平成13年4月 全国ビルメンテナンス協会にて建築物評価資格者制度が発足。
制度発足と同時に取締役以下数名がインスペクター資格を取得する。
平成14年4月 ビル管理法が改正され8業種に事業登録制度が発足する。(知事登録制度)1号:建築物清掃
2号:空気環境測定
3号:空気調和用ダクト清掃
4号:飲料水水質検査
5号:飲料水貯水槽清掃
6号:排水管清掃
7号:ねずみ昆虫等防除
8号:建築物環境衛生総合管理
改正と同時に5号、8号を取得し登録する。
平成16年2月 リネン集配センターを新築。京都市南区吉祥院嶋高町24番地6に移転。
平成22年12月 KES環境マネジメントシステムステップ1を認証取得。
平成27年9月 京都府障害者雇用推進企業(京都はあとふる企業)として、京都府から認証を受ける。
平成28年9月 京都府知事より、障害者雇用の促進を認められ障害者雇用優良事業所として表彰を受ける。